バンクイック申込はブラックだと通らないか

キャッシングベスト3

バンクイックの申込、ブラックではやっぱり通らない?

バンクイックの申し込みをしてみようかなと考えています。どうもホームページや広告を見ていると良さそうなので…。でもこれって、ブラックだとやっぱり審査には通らないのでしょうか?

ブラックになった会社によってはバンクイック審査にも影響します

ほほう、バンクイックの審査を受けてみようと考えているのじゃな。ブラックになってしまった過去があるのじゃろうか?そういった場合は、ブラックというものについて知っておく必要がある。一つずつ、簡単に説明していこう。

まず、信用情報機関というものの存在は知っておるじゃろうか?これが基本的にはブラックと呼ばれるものの正体じゃな。カード会社と契約をする際に、この信用情報機関への情報掲示などについての同意する書面を確認してあると思うのじゃがいかがじゃろうか?ここに、滞納などのマイナス情報を加えられることを、俗に「ブラックリストに載る」などというのじゃ。

信用情報機関はいくつかあり、カード会社によって加盟している機関がそれぞれ違ってくる。複数の機関に加盟しているカード会社もあれば、まったく加盟していないカード会社も存在するのじゃ。この信用情報機関を通じてそれぞれのカード会社は情報を共有しているため、同じ信用情報機関に加盟している会社同士でなければ情報の共有ができないということになる。

ということは、君がブラックに登録されてしまったカード会社がどの信用情報機関に加盟しているかを調べることで、抜け道を見つけることができるということじゃ。もし、そのカード会社が、バンクイックの指定する信用情報機関三社に加盟していなかった場合は、バンクイックに申し込みをしても通る可能性があるということになる。そうでない場合は、諦めるほかないじゃろう。

どちらにしても、カード会社では、信用情報が大きな鍵となる。これからもしカードローンなどを利用することがあるのであれば、こういった抜け道があるということは念頭におかず、なるべくきちんと返済していくことを心がけるべきじゃろう。そのことが原因で、住宅ローンや自動車ローンが組めずに、残念な思いをするなんてことは避けたいことじゃ。システムをきちんと把握し、ブラックに登録されるようなことがないようにしたい。

【参考ページはこちら】
バンクイックで借りられないかも…まずは申込みの注意点をチェック

バンクイックで重視される申込ブラックと呼ばれる状況とは

金融機関からの借入れでの審査において、最も重要なポイントとなるものが個人信用情報機関に保持されている情報です。この個人信用情報機関というのは、金融機関からの借り入れに関して、各種の個人情報を保持している場所です。そして、必要な際には各金融機関へこの個人情報の提供を行うことになります。このような個人情報が必要になるケースとしては、主にクレジットカードの申込みなどになりますが、バンクイックで融資の申込みを行う際にも、以前の金融機関からの借入情報などが必要となるので、この情報が参照されることになります。
(⇒バンクイックではクレジットカードも契約できる?

バンクイックでは、この機関を利用して過去の個人の金融機関での返済状況などを確認しています。そのため、過去の借り入れで問題があるような方の場合には、審査に通過することが困難になるのです。個人信用情報機関とは、主に過去の返済履歴などが照会され、審査の合否を決めるために活用されますが、この信用情報の活用方法としては、融資の申込み状況もあります。ここで重視されるものは申込ブラックと呼ばれる状況で、通常は短期間に三件以上の申込があることで、審査に通過する事が困難になってしまいます。この信用情報での申込ブラックの登録期間は、約六ヶ月程度で、この期間が経過しているのであれば申込ブラックの履歴はなくなるため、再度借り入れのための申し込みが可能になるのです。

金融機関からお金を借り入れる場合は、一定の基準を満たす事が必要である事に加え、十分に返済できるかどうかが重要になります。そのため、年収や勤続年数が審査基準として用いられますが、これらの条件に加え、複数の金融機関へ融資の申込みを行い、どうしてもお金が必要な状況である事は好ましくない状態と見なされます。特に、無担保でお金を融資する場合は、担保なしでお金を貸せる条件を慎重に見極める必要があり、金融機関からの信用度が重視されるので、過度な申込みはマイナスな要素となるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.