銀行系カードローンはメリットの方が大きい

キャッシングベスト3

銀行系カードローンのメリットとデメリットを教えてください

会社員です。何回か銀行や消費者金融のカードローンを利用したことがあります。ところで銀行系カードローンのメリットとデメリットを教えていただきたいのです。

また、“銀行系”の意味についても教えていただければありがたいです。

銀行系カードローンはメリットが大きい!

まず“銀行系”の意味について考えていきましょう。銀行系とは銀行が母体になったカードローンと大手銀行がバックについて運営している消費者金融の双方を含めて銀行系と称しているケースが多いと思います。

厳密な意味から言えば、銀行系とは、大手銀行が運営している消費者金融のことを指すと言ってよいでしょう。そのような銀行系の大手消費者金融は、テレビCMや広告等で知名度の高い消費者金融なのです。

恐らくあなた自身もそのような銀行系消費者金融をすでに利用されていると思いますよ。他方、銀行系の消費者金融以外の消費者金融を専業消費者金融と呼びます。専業消費者金融は、中小の消費者金融ということになりますね。

それでは銀行系カードローン、つまり銀行系消費者金融のメリットについて述べたいと思います。平成22年の貸金業法の改正と、それに伴う総量規制の導入によって消費者金融の営業にかなり足かせがかかってしまったと言えます。

と言うのは、総量規制の導入によって収入の3分の1までしか融資できなくなるとともに、無収入の方への融資が非常に厳しくなってしまったからです。それまで多くの消費者金融がそのような規制の無いところで伸び伸びと営業をしていた訳ですから、総量規制によってかなりのダメージを受けたことは容易に推察できるのです。

その一方で銀行カードローンは、貸金業法ではなく銀行法の適用を受けますので、総量規制の対象外扱いとなる訳なのです。ですから、収入の3分の1以上の融資が可能で、かつ無収入の専業主婦への融資もできるのです。

そして、銀行系カードローンの消費者金融も消費者金融ではありますが、銀行と同じ適用を受けることで総量規制の対象外となるのです。その点が銀行系カードローンの第一のメリットとなります。

次のメリットとしては銀行系ですので銀行カードローンと同じような低金利と高い融資額を享受できることです。たとえば、某銀行系消費者金融では、実質年率4.5%~18.0%で融資限度額も最大で500万円となっていることから銀行が母体の銀行カードローンの条件となんら遜色無いと言えるのです。

そして、最後のメリットとしては大手銀行がバックについて運営していることから消費者金融から融資を受けているものの、気持ちとしては銀行から借りているといった安心感と信頼感がある点です。

この点が銀行系カードローンの一番のメリットとして感じ取る方も案外多いのではないでしょうか。

一方でデメリットとしては、専業消費者金融の審査に比べて銀行系カードローンの審査は、やや厳しめと言うことです。それでも銀行カードローンよりも審査はゆるめです。

さらに言えば、専業消費者金融の審査よりも銀行系カードローンの方がいく分審査の柔軟性には劣ることです。具体的に言えば、専業消費者金融の中には、複数社からの借入れがあったり他社から多くの借金があっても審査に通してしまうケースがありますが、銀行系カードローンの場合はまず審査に通してくれません。

しかしながら、そのようなやや厳しめの審査に通れば先の低金利と高い融資額をエンジョイでき、かつ安心感と信頼感も手に入れられることを考えれば、やはり銀行系カードローンはメリットの方が勝っていると言ってよいのです。

銀行系カードローンで借りる!他で借りるよりどこがいいの?

銀行系カードローンとは、どういうものでしょうか。これは、消費者金融の一種です。消費者金融とは、金融機関で個人が利用する小口の融資のことです。消費者金融のうち、現金自動支払機で行うものをキャッシング、カードローンなどと呼んでいるようです。はっきりとした言葉の区分はないようです。カードローンの中には、銀行カードローン、銀行系カードローン、それ以外のカードローンがあるようです。

このうち、銀行カードローンとは、銀行が直接行っているカードローンです。銀行系カードローンとは、銀行以外の金融機関が、銀行からの出資を受けて行っているカードローンです。それ以外のカードローンは、銀行以外の金融機関が、銀行からの出資を受けずに行っているカードローンになります。銀行カードローンと銀行以外の金融機関のカードローンの違いは、規制を受ける法律の違いにあります。

消費者金融に関する法律の経緯を見てみましょう。銀行以外の金融機関は、預金は扱わず、貸付を行うため、貸金業者と呼ばれています。貸金業者は、貸金業法によって規制されます。過去に、消費者金融を巡って事件が続いて、社会問題になりました。そのため、国が動いて、対策に乗り出しました。貸金業法は、数年前に改正されました。総量規制という対策で、過剰な貸付を抑えることになりました。貸し付ける資金、言い換えれば借り入れる資金の総量を規制するというものです。

その結果、貸金業者は、より多くの利息を目的に、利用者に貸し付けることは許されなくなりました。貸付の限度額は、利用者の年収の3分の1という金額になったようです。そのため、利用者の収入を確認することを義務づけられました。そこで、収入証明書が必要になってきました。利用者は、困っていても、多くの金額は借りられなくなりました。その代わり、多すぎる借入金で、返済に苦しむこともなくなりました。

一方、銀行の方は、収入証明書の必要はなく、貸付の金額も制限されません。銀行は、銀行業法という法律で規制されています。そこには、貸金業者が受けるような規制はありません。ただし、法律で制限される貸付の金額と、金融機関がそれぞれの利用者に貸し付ける金額は、別のものです。個別の貸付額は、金融機関が、貸付審査を行った上で決定するでしょう。

それでは、銀行以外の金融機関のうち、銀行系カードローンの特色は何でしょうか。それは、大手で有名な消費者金融のカードローンということになるでしょう。事業規模が大きく、貸付資金も豊富です。自動契約機などの設備も充実しています。担当者に会うことはなく、毎日24時間、申込、借入、返済ができます。今は、インターネットでも申込ができます。パソコン、携帯電話、スマートホンでも可能な所もあります。

借入申込の手順は、どうなっているのでしょうか。一般的には、利用者は、端末の機械に必要な事項を入力します。書類としては、身分証明書、収入証明書などが必要です。金融機関は貸付の審査を行って、合格すれば、利用者にカードが発行します。利用者は、カードを使って、ATMなどで借入が始められます。その日に借入ができることもあります。条件によって、一定期間、貸付利子のつかない扱いもあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.