キャッシングサービスとはお金を借りる事

キャッシングベスト3

キャッシングサービスってどうすれば利用できるのでしょうか?

キャッシングやカードローンなんてよく知らないし、利用したこともない新卒の新社会人OLです。先日、会社の先輩たちがキャッシングサービスについて話しているのを通りすがりに耳にしたんですけど、キャッシングサービスってどんなサービスなんでしょうか?

また、キャッシングサービスを利用するにはどうすればいいのですか?ちょっと興味があるので是非とも教えて下さい。

キャッシングサービスとはつまりお金を融資すること

キャッシングサービスとは、平たく言えば、「お金を貸してくれるサービス」のことなんです。そして、そのようなサービスを提供しているのは銀行や消費者金融、また信販会社といった金融機関なのです。

キャッシングサービスはいくつかの形態に分けられます。たとえば、普段買い物をするときに使うクレジットカードに付いているキャッシング枠を利用してお金を借りることがキャッシングサービスです。

また、銀行や消費者金融でキャッシング専用のカードを発行してもらって、そのカードで銀行や提携しているコンビニのATMからお金を借りることもキャッシングサービスです。

さらに言えば、専用カードを使わずに、指定の口座にお金を振り込んでもらうサービスもキャッシングサービスのひとつです。こう考えてみると、私たちの身のまわりには様々な種類のキャッシングサービスが存在している事実を理解できると思います。

そして、そんなキャッシングサービスの中でも一番多くの方が利用していると考えられるのが銀行や消費者金融のカードローンのキャッシングサービスなのです。では、どうすればそのようなキャッシングサービスを利用できるのかと言うと、まず銀行や消費者金融のカードローンに申し込まなければなりません。

申し込み方法は、インターネット・電話・来店・自動契約機・FAX・郵送といった方法があります。今日ではインターネットからの申し込みと審査がスタンダードと言ってよいでしょう。

インターネットで申し込めば、キャッシングサービスの審査も迅速で、申し込んだその日にお金を借りることも可能なのです。申し込みから審査を経て融資の契約、加えてお金の融資まですべての手続きが来店不要でネット上で完結するサービスも少なくないのです。

一方、キャッシングサービスに申し込める資格については、満20歳以上の成人で、継続した一定の安定収入があることが大前提となります。それゆえ、無職無収入の人は、原則としてキャッシングサービスは利用できないと考えてよいでしょう。

そして、申し込んだ後は審査です。一般的に、銀行のキャッシングサービスの審査は厳しめで、消費者金融のキャッシングサービスの審査はゆるめと言われています。

審査では借手の信用能力と返済能力の2点が査定されます。信用能力とは、「この人にお金を貸しても大丈夫かな?」といったように人としての信頼度を計ります。

他方、返済能力については、「この人にお金を貸してもきちんと返してくれるのかな?」といった点を審査します。つまり、すでに借金が多くあったり、年収が極端に少ない場合には「きちんと返してくれるのか」とに疑問符がつくのです。

この2点になにも問題が無ければ審査に通り、自動契約機か郵送、あるいは来店してキャッシングサービスが利用できる専用カードを受け取ることとなります。

こうして晴れてキャッシングサービスを利用できる身分となるのです。

初めてのキャッシングサービス!どういう仕組みになっているの?

キャッシングサービスとは、どういうものでしょうか。まず、消費者金融というものがあります。それは、個人が金融機関で小口の融資を受けることです。消費者金融のうち、人と窓口で対面せずに、現金自動支払機で行うものをキャッシングサービス、カードローンなどと呼んでいるようです。はっきりとした言葉の区分はないようです。このうち、銀行カードローンとは、銀行が直接行っているカードローンです。銀行以外の金融機関のカードローンと銀行カードローンは、それぞれ適用を受ける法律が違います。

銀行以外の金融機関は、貸金業法という法律を適用されます。貸付のみを行い、預金は行わない金融機関は、貸金業者と呼ばれています。かつて、消費者金融を巡っては、暗い事件が続いて、社会問題になりました。そのため、行政が動いて、対策に乗り出しました。数年前に、貸金業法は改正されました。総量規制という対策が取られました。

貸金業者は、過剰な貸付を行わないことになりました。貸金業者の貸し過ぎを防止するため、貸付額に一定の限度が設けられました。返せる範囲で、貸し付ける方向性が取られました。年収の3分の1が、貸付額の限度のようです。利用者の収入証明書を確認することになりました。利用者の方も、もっと借りたくても、多くの金額は借りられなくなりました。その代わり、多すぎる借入金で、返済に苦しむ人も減りました。そのため、銀行以外の金融機関のカードローンは、貸付額に限度があります。

一方で、銀行カードローンでは、収入証明書の必要はなく、貸付の金額も制限されません。銀行は、銀行業法という法律を適用されます。そこには、貸金業者が受けるような規制はありません。銀行カードローンは、銀行以外の金融機関のカードローンと比べて、多くの資金を借りられる可能性があります。利用者は、借入の前に、この違いを理解しておいた方がいいでしょう。もちろん、利用者が借入を受けられるか、いくらまで受けられるかは、金融機関の審査で決定されることです。

それでは、キャッシングサービスを利用するには、具体的にはどのような手続きをすればいいのでしょうか。借入申込の前には、身分証明書、収入証明書などを用意しておいた方がよいでしょう。手順としては、端末の機械に必要な事項を入力します。貸付の審査を受け、カードを受け取ります。そのカードで、ATMなどで現金で借入が始められます。申しこんだその日に、借入ができることもあります。条件によって、一定期間、返済に利子のつかない扱いもあります。

今は、通信機器が発達して、キャッシングサービスの利用も、便利な時代になりました。手続きの場所も選べます。担当者に会わない方法もあります。駅前などにある無人契約機のコーナーに行く人もいます。毎日24時間、申込、借入、返済ができます。自宅のパソコンを利用する人もいます。携帯電話、スマートホンでも可能なサービスもあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.