低金利な借り換えカードローンなら銀行です

キャッシングベスト3

低金利な借り換えのカードローンってあるのでしょうか?

現在、複数の消費者金融から借入れがあり、その返済を続けている50代の男性です。長引く不況による給料の目減り等で高い金利を支払い続けることに限界が来そうなのです。

だから低金利な借り換えカードローンを探しています。教えて下さい!

低金利な借り換えカードローンなら銀行がお勧めです

現在多くの方が賢く借り換えカードローンを利用して返済の金利負担をヘッジしていますよ!高い金利で複数社からの借入れがある方ならば、低金利の借り換えカードローンへの乗り換えは絶対に検討するべきです。

借り換えカードローンとは、銀行や消費者金融の「おまとめローン」と言われているものです。借り換えカードローンに乗り換えるメリットは、なんと言っても低金利を享受できることでしょう。だから、借り換えカードローンにする場合は、なるべく低金利な商品にすることが大切なのです。

そして、低金利の借り換えカードローンを探すなら銀行なのです。また、複数社で別々に返済していると、各々の消費者金融の金利と手数料が別個に嵩んできますのでお金が無駄になります。

それゆえ、借り換えカードローンで一本化するメリットはこの点でも明らかなのです。さらに言えば、各々の返済日が異なると、「ついうっかりして返済し忘れた!」なんていうことが起きて、悪くすれば事故情報として扱われて信用情報にブラックが付いてしまうといった事態も起きかねません。

でも、借り換えカードローンで一本化すれば支払日も一本化できますから、そのような心配はなくなります。つまり、借り換えカードローンに乗り換えるメリットは、低金利に乗り換えられること、支払いを一本化することで無駄な金利や手数料をヘッジできること、返済のし忘れの心配が無いことになるのです。

「借り換えカードローンに乗り換える一番のメリットは低金利」とに誰も否定しないでしょう。であるならば、やはりファーストチョイスは銀行のおまとめローンということになります。

一般的に都市銀行のおまとめローンの金利は、実質年率4%台から15%台と見ておいてよいでしょう。別々に借りている金利を払うことに比べれば、かなり低金利であると実感できると思います。

また、借り換えとなれば必然的にまとまった額となりますから、額が大きいほど借入れの金利は低くなりますので、その意味から言っても、低金利の借り換えカードローンに乗り換えることは必至と言えます。

他方、どのような人が、またどうすれば低金利の借り換えカードローンに乗り換えられるのでしょうか?“どのような人が”については、審査に通るかどうかということになりましょう。

借り換えカードローンの審査は、一般的なカードローンの審査と同じです。現在複数社からの借入れがあっても返済の遅延や滞納が無くきちんと返済をしており、定職があって継続した一定の安定収入があればまず審査に落ちることはありません。

また、借入れ額が大きくなりますから年収証明書の提出はあると考えて下さい。そして、年収が証明できて、年収が今回の借入れに十分見合うものであれば審査に通ると言ってよいでしょう。

カードローン借り換えかな?条件が合えば低金利がありそう!

ある人が、カードローンの借り換えを考え始めました。最初は、計画通りに返済していました。しかし、返済金額は、できれば少ない方が、自分が楽になります。果たして、いい方法はあるでしょうか。まず、カードローンとは、どんなものでしょうか。個人が金融機関で、小口の融資を利用することを、消費者金融と言います。そのうち、無人の現金自動支払機で行うものをカードローンなどと呼んでいるようです。

次に、カードローンの借り換えとは、どんなものでしょうか。一般的な借入金の借り換えについて、考えてみましょう。例えば、現在の借入について、返済計画があります。その中には、元金と利子が含まれています。その一部は返済済みです。今後の返済の残額が、手元に残っています。借り換えでは、新規に借入をして、その借入金で、現在の借入金の残額を、一括返済します。その後、手元に残るのは、新規の借入の返済額です。

そのため、大切なのは、現在の借入金の残額と、新規の借入の返済額の比較です。返す側にとっては、返す金額は、元々少ないに越したことはありません。現在の借入金の残額の方が多ければ、借り換えは有利になります。新規の借入の返済額の方が多ければ、借り換えは不利になるでしょう。わざわざ、借金をふやす必要はないからです。

最近、おまとめローン、借り換えローンなどという言葉を、耳にすることがあります。複数の借入のある人は、それらを1つの借入にまとめ上げることによって、返済が少なくなることがあるようです。多重債務者などの債務額を減らす1つの方法になりそうです。この場合、借入先の金融機関は1つになります。借入額は多くなります。そのような借入が可能なのでしょうか。

実は、総量規制の例外貸付という取り扱いがあるそうです。総量規制とは、貸金業者に対して、貸付金を規制するものです。貸金業者とは、消費者金融の業者のことで、銀行はこれには含まれません。貸金業法という法律で、貸金業者は、利用者に対して、年収の3分の1までの資金しか貸し付けることはできません。利用者は、2カ所から借り入れても、その総額は限定されています。

ところが、この例外貸付では、この限度額を超える借入ができるようです。その中に、このカードローンの借り換えが含まれています。消費者金融の利用者の救済措置のように見えます。ただし、いくつかの条件があるようです。1つは、新規の借入の方が、金利が低いこと。1つは、追加で、担保や保証人を必要としないこと。1つは、新規の借入は、すべて、借り換えに使われること。それらが挙げられています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.