カードローンの同時申し込みはマイナス

キャッシングベスト3

カードローンを何社か同時申し込みすると不味いかなあ~

30代後半の会社員です。銀行でも消費者金融でも、カードローンの利用歴はあります。いつもは1社だけに申し込んで融資を受けていたのですが、今度利用する際には2、3社選んでカードローンの同時申し込みをしてみようと考えています。

それは審査が通った会社の中で、自分にとって条件の一番良いところで借りた方が賢いと閃いたからなのです。どうでしょうか?この考え方は?

カードローンの同時申し込みはお勧めしません!

カードローンの同時申し込みはもちろん可能です。はっきり言えば、何社同時にカードローンに申し込もうが、それはあなたの自由なのです。

カードローンを同時申し込みする理由はいくつか考えられます。一つ目は、1社のカードローンだけでは審査に落ちたら心配なので、同時にあと2社くらい予備として審査に申し込むといった安全策としての同時申し込みのケース。

二つ目は、「とにかくまとまったお金が必要だから、何社も受けて審査に通った会社からすべて融資を受けたい」といった場合。そして、最後のケースとしては、何社か選んで優先順位を付けた上で、それらに同時に申し込んで、審査が通った中の上位順位の金融会社を利用するといったことと考えられます。

どのケースにおいても、カードローンの同時申し込みの理由は理解できます。しかし、カードローンの同時申し込みにはメリットとデメリットがあるのです。

メリットとしては、上記のような理由が満たされた場合と考えてよいでしょう。2,3社に同時に申し込んで、すべてのカードローンの審査に通って、その中でベストな会社から融資を受けられれば理想的な借入れができたと言ってよいでしょう。

また、まとまったお金が必要な方なら、申し込んだカードローンの審査に全部通って、それらすべての会社から借りることができれば自分の借入れニーズは十分に満たされたと感じるでしょう。

さらに言えば、2社同時に申し込んでいたことで、1社に落ちてももうひとつのカードローンの審査に通れば同時申し込みの作戦は成功したと言えます。その一方で、カードローンの同時申し込みにはデメリットもあるのです。

それはカードローンの審査を行う融資側では、借手の状況について信用情報機関に与信を掛けることで常にリアルタイムで把握していると言うことなのです。つまり、借手は同時申し込みしている事実はバレないと思っていても、カードローンに申し込んだ金融会社ではすでにその事実を把握していると言うことなのです。

そして、借手が同時に複数社のカードローンに申し込んでいるとの事実を知ったら融資の担当者はどう思うのかを考えてみる必要があるのです。恐らく「この人は本当にうちの会社からお金を借りたいのか?」といったように、借手の真剣さや誠実さを疑われることになるのではないでしょうか?

それゆえ、カードローンの同時申し込みは金融会社にとってはマイナスにしか感じ取れないと言うことなのです。また、仮に2,3社のカードローンの審査に同時に通ったとしても、それら全部の会社から融資を受けられるとは限らないのです。

と言うのは、先の指摘と同じように、信用情報機関にリアルタイムで与信を掛けますので、借手の借り入れ状況もすべて把握されてしまうからなのです。そうなると、当然2社目、3社目と借りられる額は少なくなり、限度額を超えている場合には融資を断られるのです。

以上のことから、カードローンの同時申し込みは、メリットよりもデメリットの方が大きいと考えた方がよいと思います。

カードローンの同時申し込み!返済のことは考えているかな?

20代のフリーターの男性が、初めてカードローンを利用しようと思い立ちました。急ぎでお金が必要です。一カ所断られたら、すぐに次の所に申しこもうかと思っています。しかし、ある所から、同時申込をすれば、どちらかの審査を通って借りやすい、という話を聞きました。果たしてどうなんでしょうか。

まず、カードローンとは、どんなものでしょうか。個人が金融機関で、小口の融資を利用することを、消費者金融と言います。そのうち、無人の現金自動支払機で行うものをカードローンなどと呼んでいるようです。カードローンには、いくつかの種類があります。銀行カードローンというのは、銀行が直接扱っているものです。銀行系カードローンとは、銀行以外の金融機関が、銀行の出資で扱っているものです。それ以外のカードローンは、銀行以外の金融機関が、銀行の出資を受けずに扱っているものになります。

それでは、カードローンの手続きは、どうなっているのでしょうか。利用者は、消費者金融の会社に借入を申しこむ時に、その会社の会員になります。借入の契約をして、カードを受け取ると、会員規約を守ることになります。普通の利用者は、規約などあまり読みません。しかし、その中で、自分の個人情報の取り扱いに同意しています。会社は、利用者の個人情報、契約内容、返済状況、取引事実などを、信用情報機関に送ります。信用情報機関は、その内容を数年間登録します。

それぞれの会社は、利用者の借入申込を受けると、信用情報機関にその人の情報を照会して、回答をもらいます。どの消費者金融の会社も、同じことをしています。コンピューターを使い、オンラインで、会社同士で横のつながりができています。利用者の返済能力の調査のために、登録された内容を利用します。その人がどこで、いくら借りて、いつ、いくら返したか、その情報が分かります。

借入申込をしても、その利用者に返済の見込みがないと判断されれば、貸付は見送られるでしょう。消費者金融の会社は、貸し付けるかどうか、いくら貸し付けるか、審査を行います。貸付するかどうかについては、仮に、利用者が他の会社から借りて、返済金を延滞していると分かったとします。その場合、貸付は行われないことが多いようです。貸付額についても、まず、その会社での借入の限度額が審査されます。その後、他の会社を含めた借入の限度額が審査されます。

カードローンの同時申込をした場合、金融機関の方も、そのことに気づいてしまうようです。今はコンピューターの時代で、利用者の情報が、リアルタイムで把握できます。2つの金融機関に、その人が申しこんだことが分かってしまいます。金融機関の方は、この利用者に不信感を抱きます。よほど金に困っているのだろうか。貸し付けて、きちんと戻ってくるだろうか。

大切なのは、借りたお金を、きちんと返せるかどうかです。気持ちばかり焦って、2カ所に借入申込をしても、事はうまく運ぶとは限らないようです。借入の前に、家計に目をやりましょう。自分の収入、支出をきちんと見直します。支出は切り詰めます。どうしてもお金を借りたいなら、返済金について先の見通しを立てましょう。1つの借入のために、もう1つの借入などしないように気をつけます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.