都銀から融資を受けるメリットは多い!

キャッシングベスト3

都銀から融資を受けるための方法を知りたいのです!

今度、都銀から個人的に融資を受けようと思っている入社4年目の会社員です。銀行のカードローンの利用を考えています。

ところで都銀から個人的な融資を受けるためにはどうすればいいのでしょうか?なにせ初めての経験なので右も左も分かりません。よろしくお願いします。

都銀から融資を受けるのはそんなに難しくない

都銀、つまり大手メガバンクの都市銀行から個人的な融資を受けるのはそんなに難しいことではありません。また、都銀のカードローンなら住宅ローンや不動産担保ローンといったような大きな額を借りる訳ではないので、審査も簡素で煩雑な手間もかかりません。

そして、担保も保証人も不要なのです。都銀から融資を受けるには、満20歳以上の成人であること、継続した一定の安定収入のあることが融資の大前提となります。

都銀のカードローンならアートやアルバイト、契約社員や日雇い派遣であっても一定の安定収入があれば審査に申し込め審査に通ることも可能なのです。つまり、都銀のカードローンの審査はそんなに厳しくないのです。

あなたの場合は、定職があり正社員で一定の安定収入が見込め、かつお話しではこれまで金融機関からの借入れも無いようですから都銀の融資の審査はまず大丈夫でしょう。

他方で、一定の安定収入があっても、すでに複数社からの借入れがあったり、他社から多額の借金がある場合には、都銀が定めるローン返済比率の基準をクリアできずに融資の審査に落ちます。

申し込みもインターネットを利用すれば、パソコンやスマートフォンで誰にも知られずにすぐに簡単に申し込めて便利です。もちろん、電話でも来店しても申し込めます。

さらに言えば、とある都銀の「WEB完結」サービスを利用すれば、申し込みから融資まですべてを来店不要でネット上で完結できます。インターネットなら審査も迅速で即日融資も可能なんです。

必要書類も本人確認のための運転免許証か健康保険証でOKです。が、年収証明書の提出を求められる場合もあります。

他方、都銀から融資を受けるメリットはたくさんあります。まず、都銀ならではの低金利でお金を借りられることでしょう。一般的に都銀のカードローンの金利は、実質年率4%台~15%台となっており軒並み低くなっています。

なかには3%台といった夢のような低金利を実現している都銀もあります。消費者金融の金利に比べれば、金利の低さは明白です。

また、融資額の限度額も最大500万円くらいはざらであり、なかには最大で1000万円!なんていう非常に高い融資額を設定している都銀もあるのです。

さらにメリットについて言えば、大手メガバンクの都銀ならではの安心感と信頼感でしょう。「都銀からお金を借りている」との安心感や信頼感は、他の金融機関では得られないメリットと言ってよいのではないでしょうか。

全国に有名な都銀!融資は受けやすいの受けにくいの?

ある零細企業の事業主がいます。従業員は10人です。事業の継続で、銀行から融資を受けようと思いました。あちこちで、都銀の名前をよく聞きます。有名な銀行から借りた方が、何か特典があるのでしょうか。まず、都銀というのは、どんなものでしょうか。日本の銀行には、中央銀行の日本銀行と、それ以外の普通銀行があります。

普通銀行は、都市銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合などに分けられます。都市銀行は、東京、大阪などの大都市に本店を置いて、広域に展開しています。言わば、全国展開型の銀行です。地方銀行、信用金庫、信用組合などは、地方都市に本店を置き、地域を営業の基盤としています。言わば、地元密着型の銀行です。しかし、これらは法律的な定義ではなく、はっきりした区別の基準もないそうです。

銀行は過去に、合併、再編を繰り返しました。その結果、都市銀行は、有名な5行の体制になったようです。ところで、莫大な預金残高を持つ銀行のグループが3つあり、それらはメガバンクと呼ばれています。都市銀行のほとんどは、大手の銀行で、メガバンクの系列の銀行が多いようです。

それでは、都市銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合の特色は、どんなものでしょうか。都市銀行、地方銀行は、銀行法に基づいて設立され、株式会社になっています。そのため、株主の利益を優先する経営です。融資先は、一定の規模を上回る企業などが多いようです。一方、信用金庫は、信用金庫法に基づいて設立されています。信用組合は、中小企業等協同組合法に基づいて設立されています。利用者が、共存共栄、相互扶助の関係にある共同組織です。地域社会の利益を優先する経営です。

信用金庫、信用組合は、そのため、都市銀行、地方銀行に比べて、中小企業、個人に広く融資しているようです。貸し渋りは少なく、返済も場合により猶予するようです。担当者も、地域密着型で、小回りのきいた営業を行っているようです。しかし、資金量には限りがあり、金利は、都市銀行、地方銀行より少し高いようです。まとめてみれば、小口の融資は借りやすいが、金利は少し高い、と言うことになりそうです。

零細企業には、その事業規模にあった事業資金の借入先がありそうです。事前に、事業計画、返済計画などを十分に検討します。できれば、なじみのある信用金庫などの金融機関に相談してみます。通常取引している金融機関の担当者の方が、企業の中身も分かっています。預金口座を持っていれば、その残高が融資に役立つことも考えられます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.