お金ないのにおしゃれするなら学生ローン

キャッシングベスト3

お金ないけどおしゃれはしたいの…なにかいい方法を教えて!

20歳の大学生女子です。実は、私の一番の趣味がおしゃれなんです!でも、お金ないのです。

もちろん、家庭教師をしてバイトしています。でも、それだけではおしゃれに回すお金が足りなくなっちゃうときがあるんです。

実家から通学しているので生活費の心配はいりません。だから、もっともっとおしゃれできる方法が知りたいんで~す!よろしくお願いしますね!

お金ないのにおしゃれしたいなら学生ローンを利用!

おしゃれが一番の趣味なんですか?それじゃ~けっこうお金が入りますよね。わかりました。お金ないあなたのおしゃれ資金のためになにか良い方法を考えてみましょう。

あなたは20歳で未成年ではないので、原則として銀行や消費者金融の一般向けカードローンに申し込めます。また、家庭教師をして働いていますので、一応の継続した安定収入はあると見做してよいでしょう。

しかし、家庭教師だけの収入と言うとそれほど多くはないですよね…そうなると銀行や消費者金融の一般向けカードローンの審査では収入面でちょっと不安がありますね。

加えて、社会人ではなく大学生との点も審査の上で気になるものとして感じます。だからと言って意気消沈する必要はありません。

そんなあなたには「学生向けローン」がありますから。学生向けローンは、大学生や専門学校生を融資対象としてカードローンなんです。

しかも大学生や専門学校生なら未成年でも融資が可能なのです。ただし、高校生はNGです。あなたの場合は、すでに成人なので年齢面でも問題はなにもありません。

また、家庭教師をしているので無収入ではないから融資の条件はクリアできます。学生向けローンの審査では、一般向けローンの審査に比べて、年収や働き方の点までそれほど厳しく問われないのです。

つまり、バイトなりパートなりで働いている実績が大切になるのです。だから、学生向けローンの審査では、家庭教師の仕事でもきちんと評価されることになるのです。

申し込みもインターネットが利用できるので、パソコンやスマートフォンで24時間365日いつでも借りたいときに申し込めて、かつ友だちにも知られること無く申し込めます。

また、原則として必要書類も学生証でOKです。が、未成年の場合は、親の同意等が必要になる場合があるようです。しかし、あなたは成人ですので問題はないでしょう。

ただし、安全策を期すなら、学生向けローンを利用する前に両親にひと言ことわって承諾を得ていた方が後々になって問題が起きないと思いますよ。

そして、インターネットで申し込めば、審査も迅速で即日融資も可能なんです。一般向けローンに比べて学生向けローンは、融資額が低いのが普通です。

でもおしゃれに使う資金であれば十分だと思いますよ。ただし、融資に申し込む際には、きちんと返済計画を立ててから借りることを強くお勧めします。

さあ、もうお金ないでおしゃれを諦める必要はありません。消費者金融の学生向けローンを上手に利用して、おしゃれライフを存分に満喫してください!!

お金ないからおしゃれできない!お金のかからないおしゃれしたら?

まず最初に、現代の若い女性の経済状態を考えてみましょう。今、20代の若い独身女性の間に、貧困が広がっているそうです。3人に1人が、年収100万前後の貧困層に属する、というのです。それには、いくつかの理由がありそうです。1つは、社会的な意識の変化です。昔は、若い女性は、経済的に自立しなくても、そのうち結婚して、安定した生活に入る、と考えられていました。しかし、その後、女性の社会進出が進んだせいか、未婚、晩婚の人口が増えました。あせって結婚する女性の数が減りました。

もう1つの理由は、就労形態の変化です。非正規雇用が増えています。企業の一部は、長引く不況の影響で、安く使える労働力に頼るようになりました。一部の若者は、従来の終身雇用よりも、ニートやフリーターと言った気軽な就労形態を選び始めました。若者の間には、仕事よりも個人生活を大事にする風潮が広がっています。一部の女性たちは、こうした労働環境の中で働き始めました。雇用条件は不安定で、労働保障も十分ではなく、賃金は抑えられています。

それでは、お金のない若い女性は、本当におしゃれはできないのでしょうか。この問題の解決策は、いくつかあります。その第1は、財政改革です。節約して一般庶民になることです。お金持ちになれなくても、せめて貧乏でなくなって、一般庶民になることを目指します。少し考え方を変えます。発想を転換します。お金がないというのは、貯金がないと言い換えることもできます。貯金を殖やすには、収入を増やして支出を減らすのが、単純で手っ取り早い方法です。

支出を減らすには、一度、家計を切り詰めてみることです。財布のひもを堅く閉じることです。神経質になって、支出を抑えてみます。気をつけたいのは、財布からお金を出す時です。また、自分の銀行の口座から何かの経費が引き落とされる時です。お金が出て行くのを漫然と眺めていると、貧乏はずっと続きます。節約の分だけ、支出は確かに減っていきます。

同時に、おしゃれにかける支出を減らしていきます。衣類などは、新しい物は買わないに越したことはありません。安くて、傷みやすい、飽きやすい物を買うのはやめます。タンスの肥やしになって、お金が無駄になります。少し高くても、丈夫で、飽きの来ない物を買って、それを長く着ます。また、流行に左右されないように気をつけます。みんなが持っているからと言う理由で、洋服やバッグを慌てて買うのはやめます。買うのを見送れば、そのお金は他の所に回せます。衝動買い、無駄遣をはやめるのが、節約の基本です。

おしゃれを可能にする解決策の第2は、意識改革です。おしゃれに対する考え方を変えることです。おしゃれを諦める必要はないでしょう。具体的には、お金のかからないおしゃれをすることです。お金がなくても、おしゃれはできると考えることです。美しい人は、おしゃれしなくても美しい、とある人たちは言います。美人は、何を着ても似合う、とも言います。

それでは、お金のかからないおしゃれとは、どんなものでしょうか。おしゃれを少しで我慢することです。お金で買って、身につける物で輝こうとしないことです。人は、身につける物でなく、表情や行動で輝きます。おしゃれを素敵だと感じるのは、人の心です。オリンピックで活躍する選手は、おしゃれしなくても、十分に輝いています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.