バンクイックで増額したいけど、審査が甘いか気になる

バンクイックで増額したいと考えていますが、最初に借りたときよりも審査が厳しいということはないか、審査が甘いか、気になっています。あまり厳しい審査で、通る確率が低いのであれば、他の金融会社で借りてしまおうかな、とも考えています。

増額審査の結果には大きくばらつきがあります!

結論から言ってしまうと、少額の増額であれば、割と甘いと言われています。ただ、注意しなければならない点があります。それは、最低でも半年以上は利用した上で審査を受けるという点と、バンクイックの増額に2回目はないという点です。

通常、多くの消費者金融のカードで、1回増額し、さらにまた増額し、と、少しずつ増額していくというパターンがあるのですが、バンクイックについては、それは該当しません。1度増額してしまえば、その後は、解約して新たにお借入、つまりまっさらな状態からの審査を受ける以外、ないのです。

収入条件などが変わらなくても、安定的に返済しているという条件の下に、増額を行うわけです。そもそもの返済能力が変化するわけではないので、そんなに何度も増額はできないだろうということですね。(こちらも参考になります→バンクイックの増額が可能になる条件って何?

増額のお申込後、実際に増額されるまで、およそ2~3日かかります。中には、もう少し早くできたという人もいるにはいますが、最初から即日で増額されることを見込んで受けるのは、やめたほうが無難です。そのため、他の会社で借りてしまう方もいますが、基本的にはバンクイックの増額分で、他の会社を返済してしまうほうが良いと思います。

1週間も2週間もかかるわけではないですから、よほど急いで必要というのでなければ、バンクイックの増額を待ちましょう。多重債務は身を滅ぼす元ですので、あまりお薦めできません。

バンクイックの増額審査は甘いことはなく、事前対処が必要です。

三菱東京UFJ銀行のバンクイックを申し込んで審査は通ったものの、融資限度額が低く金利も高いと思っている人も少なくないはずです。銀行系のカードローンですから審査が厳しくなるのはやむを得ないことです。しかし、審査が通って融資限度額が設定されている以上、銀行から何らかの信用を得ていると言えます。増額審査を希望するのであれば、この信用をいかに増加させるかが勝負です。一回審査をしているから2回目の増額審査は甘いという話はありません。

バンクイックで融資限度額が少なくなる理由として、その返済方法があります。口座振替とコンビニATMによる方法のも2つがありますが、コンビニATMを利用する返済方法を適用すると、融資限度額がそれだけで下がります。貸金回収が最優先の銀行にとって、返済方法として提示しているものの、口座から返済資金を回収できないのは不安なのです。そのため返済方法の見直しが必要です。

とはいえ、返済を口座振替にするためには、三菱東京UFJ銀行の口座が必要です。もし持っていなければ作る必要があります。近くに支店がなかったり、日中店舗に行けなくてもメールオーダーやテレビ窓口を利用することも可能です。また、口座を開設したら自分の給与振込口座をこの口座に変更することも必要です。給与振込口座を三菱東京UFJ銀行にすることで、自分が定期的に収入があると分かってもらえますし、そこから貸金を返済するという意思表示もできます。これだけで融資限度額はかなり変わります。

できれば、口座開設の際に三菱東京UFJ銀行の発行するクレジットカードを申し込むことで、取引の厚いお得意様として判断してくれる可能性もあります。リスクのある投資信託や保険商品の申込まで付き合う必要はありませんが、できることはしてあげることで信用が付きます。こうして、甘くはない銀行の融資審査の事前対処ができます。給与振込は手続をしてから実際に振込があるまで1か月から2か月ほどかかります。少し気長に対応をしてから増額申請にチャレンジしてみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.