バンクイックの融資限度額増額を断られた!対策は

先日バンクイックの融資限度額増額を申し込んだのですが、落とされてしまいました。やはり、何回か返済を遅らせていたのが不味かったのでしょうか?あと、再び融資限度額の増額を申込むとしたら、何ヶ月後が良いのでしょうか?

まずは半年間、規律正しい返済プランを心掛けましょう

返済を滞らせたことの無い利用者ならば、増枠(融資限度額の増額)の審査は滞りなく通ることでしょう。しかし、そうでない場合は異なります。まずは半年間から1年間、規律正しい返済プランを心掛けて下さい。増枠条件を満たせば、銀行の方から増枠のご案内が届くこともあります。

また、銀行ローンのバンクイックは消費者金融と違い、総量規制(年収の1/3以上に融資を禁じる決まり)の対象外ですが、バンクイックの増枠は例えば10万円から20万円、20万円から40万円というように、段階制になっています。つまり、一気に増枠する事は不可能という訳ですね(お申し込みから増枠までには数日を要しますので、お急ぎの方は、消費者金融や別の銀行に融資を申し込むという手もあります)。

半年が過ぎたら、融資限度額の増額を再度申し込みましょう。第二リテールアカウント支店専用ダイヤルにお電話をかけ、オペレーターに増額の意思を伝えて下さい。事前に銀行から増枠のご案内が届いていれば確実なのですが、届いていなくても、審査を通ったケースは沢山あります。諦めずに頑張って下さい!

【参考ページはこちら】
バンクイック増額審査の在籍確認は無しにできる?

バンクイックの増額申請を断られた際のデメリットについて

一昔前までは、貸金業者からお金を借入れするというのに抵抗があるという人は、かなり多くいたものでした。実際、以前の貸金業者の中には、法外に高い利子を取ったり、自宅や会社で執拗な取り立てを行うという悪質な業者は、それなりに存在していました。なのでお金がどうしても必要な際はまず、家族や友人に借金を頼み込み、断られてどうしようもなくなった時に、仕方無く貸金業者を利用するというパターンが多いものでした。

もっともそれも今では、昔の話です。というのも悪質な貸金業者が社会問題化した事で、法規制が強化されたのです。そのため悪質業者は激減してた上に、キャッシングやカードローンといった手軽に借入れ可能なサービスが登場した事で、貸金業者に対するマイナスイメージは随分と薄れました。お陰で今では、多くの人が生活費の穴埋め等の理由で業者からの借入れを行っています。(こちらも参考になります→バンクイックを使って助かったことってある?

そしてバンクイックは、そんなカードローンの中で、特に便利かつ安心して借入れが可能なサービスの1つです。その理由としては、誰もが知る様な大手銀行がサービスを行っているので信頼性が高いという点をまず挙げる事が出来ます。更にバンクイックは、インターネットから申込みが行える上に、最短で30分という早さで審査が終了します。お陰で申込んだその日に即日融資して貰う事も可能であり、コンビニやATMからでも借入れ可能なので、急ぎでお金が必要な際にも頼りになります。

そんな便利で手軽なバンクイックですが、限度額は最高500万円とかなり高額です。そのため、生活費の穴埋め等のちょっとした事だけではなく、フリーローンなので様々な用途に活かす事が可能です。もっとも限度額を高額にするには、増額申請を行いそこで審査にパスする必要があります。しかも注意が必要なのは、審査に落ちて増額を断られた際には、デメリットも生じる危険性があるという事です。その内容は、一定期間増額申請が行えなくなったり、或いは限度額が逆に減少したり、一定期間融資が停止されたりする恐れがあるのです。なので十分な収入を得た上で、返済事故を起こさずに一定期間バンクイックを利用する等して十分に信頼を得てから、増額申請を行うべきです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.