バンクイックのカード郵送にかかる日数

キャッシングベスト3

バンクイックのカードを郵送受取にしたら日数はどれ位ですか?

転勤族なので、全国対応してくれる銀行のカードローンを探していて、今はバンクイックを最有力候補にしています。ただ、今住んでいるところの近くには三菱東京UFJ銀行はなく、テレビ窓口でのカード発行は諦めざるを得ないんです。そうなると郵送でのカード受け取りになりますが、こちらが身分証明書類などを送ってからどれくらいでカードが送られてくるでしょうか。

必要書類確認後、カード発行から1週間程度はかかります

バンクイック側に申込み書類などが問題なく受理されて、仮審査との間に違いがないと確認されれば、カード発行の手続きが行なわれ、その後郵送の手配がされる手順になります。もしこちらからの書類提出が郵送だった場合、バンクイックに届くまで2~3日。手続きに1日かかったとして更にカードなどの郵送で2~3日。最短でも1週間はかかる計算になりますね。

それを短縮するには、こちらからの書類提出は郵送でなくFAXで行なうことです。これで2~3日は短縮できます。後はバンクイック側の忙しさの度合いにもよるでしょう。暇な時期もあれば、猫の手も借りたいほど忙しい時期もあるのがカードローン業界なんです。その「猫の手も借りたい時期」に入ってしまったら、手続き順番を待つのに多少の時間を要する必要も出てきますので、それは運が悪かったと思って諦めましょう。

カードの郵送は普通郵便ではなく、書留で送られてきます。そのため、普通郵便が届く時間とは別の時間帯に配達員がやってくることもありますので、その点も考慮に入れておくといいでしょうか。先に普通郵便が届いて、「今日もカード来なかったか…」と思っていたら、後から「書留で~す!」というケースは結構ありますよ。
(⇒バンクイックのカードで早くお金を借りたい方はこちらへ

郵送の日数を費やさないスピード融資のバンクイック

急にお金が必要になったとき、消費者金融や銀行、信販会社のカードローンやキャッシングを検討される方も多いことでしょう。ただ、借りる人誰しもが思うことは、急にお金が必要なのだから、できるだけ融資までに時間がかからないこと、できれば即日か翌日中までに借入金が手に入ること、それに少しでも低利な借入金利であることではないでしょうか。
一般的には、銀行は低利だけど融資までに時間がかかる、消費者金融は迅速に融資までこぎつけられるけど高利というイメージがあります。

なかなか両方を兼ね備える都合の良いカードローンはないと思われている方も多いでしょう。そこでご紹介したいのが三菱東京UFJ銀行のバンクイックです。バンクイックのTVCMでも流れているように最短40分という迅速な融資がウリのカードローンで、最大規模を誇る支店数のある三菱東京UFJ銀行の各本支店ATMコーナーの片隅に備え付けられているテレビ窓口を使ってのその場でのカードローン用カードの作成・発行によりこれが実現されます。また銀行のカードローンですから借入年利4.6%から14.6%という低利融資もウリとなっています。

通常、どの銀行でも審査後から融資まで時間がかかる最大の要因はカードローン用カードの作成と郵送に費やす日数です。大抵の場合、作成は外注で行いますので、早くても一両日は費やされます。そして郵送は速達でも早くて翌日です。ですから最速でも数日かかり、これに営業日でない土日がありますから、早くて翌週に融資OKとなるのが一般的でしょう。また審査のための身分証明や所得証明の郵送にも日数がかかりますから、往復で日数がかかります。

一方、テレビ窓口では身分証明や所得証明もその場で証明できるので送付の必要はありません。またこれにカード発券機能が付いているので、その場でカードが作成できるのです。作成されれば直ちに隣接するATMコーナーから借入金が引き出せます。それにすべて自行のシステムですからATM利用手数料や時間外利用手数料の心配もいりません。しかも借入は1000円からできるから、最低借り入れ単位があるからと、必要分以上に借入れることもないのです。

【参考ページはこちら】
バンクイックの審査は意外と甘いって聞いたけど本当?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.