バンクイックヤバイ?どんな取立てをするのか教えて!

初めてお金を借りようと思います。金融会社の取立てって、怖いイメージがあるんですが、バンクイックヤバイですか?

バンクイックの取立ては保証会社が!

バンクイックの場合、最初にお金を貸すのは銀行ですが、取立てを行うのは借金の保証会社となっている消費者金融なので、バンクイックの側で取立てをしに来るということは、基本的にはありません。バンクイックは、たとえ不良債権になっても、お金が入ってくるようなシステムを構築しているんです。

ただ、借り手側の中には、いざ保証会社から取立てが来るとびっくりする方もいらっしゃいますね。自分が借りたバンクイックの債券が売り渡された、と思うようです。最初から、バンクイックは保証会社を利用するよう、あなたに求めるはずですので、あなたは事前にそれをきちんと把握しておくことが大切です。

保証会社による取立ては、最初は携帯や自宅への電話です。電話に出ないで放置していると、職場に電話がかかってきます。それでも放置していると、次は郵便、電報、最後は直接訪問です。それでも返済せずにいると、裁判沙汰になったり、強制執行されたりすることがありますので、早期に対応したほうが良いでしょう。

ヤバイと言われるような、たとえば近所にばら撒くようなやり方での取立てはありませんが、時間が経てば経つほど、信用は落ちていきます。

実際、返済できそうにないときは、取立てを待つよりも、自分から状況を話してしまったほうが良いですね。そのほうが、信用を落とさずに交渉ができます。場合によっては、利息を減額してもらったり、毎月の返済額を減らしてもらったりできるケースもありますので、どうしても必要な場合には、交渉してください。取立てを待つと、自分がつらくなるだけです。

【参考ページ】
どうしてもバンクイックへの返済が難しいという皆さんはこちらへ

使い過ぎるとバンクイックヤバイ病になります

バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンですが、銀行が直接取り扱っているカードローンとしては信じがたいほど使い勝手がよく、使い過ぎるのが難点です。信販会社のカードローンより利率が安く、同じペースで使っていても毎月の利息は少なめです。また、キャッシングをする際にコンビニATMを利用できますが、手数料が無料ですから気兼ねなく使えます。ついつい使い過ぎてバンクイックヤバイ病になります。

カードローン利用の鉄則は、1日でも遅く借りるとともに、返済は1日でも早くすることです。こうすることで利息の支払額を最低限にして、残額もゼロの状態にできます。バンクイックはキャッシングの際にコンビニATMを利用できると同時に、返済もコンビニATMを利用できます。(こちらも参考になります→バンクイックのATMは小銭も使えるの?)手数料は無料ですから、積極的に利用してバンクイックヤバイ病を解決したいものです。

カードローンは、利用限度額が大きいほど使いやすく、かつ利率も低くなります。利率が低いとついつい使ってしまうのですが、キャッシングしたお金は自分のお金ではないことは事実です。返済をどうするかを考えた利用が必要です。例えば、給料日前にちょっとお金が足らなくてキャッシングしたのであれば、給料日には完済すべきでしょう。多額に利用したのであれば、約定日の定額返済だけでは利息支払にしかならないので、随時弁済をして行く必要があります。

バンクイックは、キャッシングも返済も自由にできるので、この性格を生かせば利息支払額を少しでも低くすることが可能です。例えば給料日にその全額を返済してしまえば、日割計算のバンクイック利息は少なくなります。約定日の定額返済額から利息分として差し引かれる金額が少なくなりますから、元本が減ります。クレジットカードの引落日の朝に再度キャッシングして入金すればいいのです。最近は銀行口座への入金もコンビニATMで可能なのでスムーズにできるはずです。これでバンクイックヤバイ病は完治します。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.