他の消費者金融と比べて、バンクイックのデメリットって

現在、どこかから融資を受けようか考えています。一般的な消費者金融と比べて、バンクイック等の銀行ローンが持つデメリットというのは何なのでしょう?消費者金融より審査が厳しいだとか、日数がかかるといった評判しか、私は耳にしたことがありません。

審査時に於ける、他社からの借入の算出方法です

銀行ローンは総量規制(年収の1/3以上の融資を禁ずる決まりです)の対象外なので、当然、それ以上の融資を受ける事が可能です。個人事業主の方にはうってつけですね。審査日数も、店頭受取りが可能な三菱東京UFJの「バンクイック」ならば、審査完了から最短40分で発行と、大幅な短縮化ができます。金利も低いので、他社からの借入が複数ある方は、バンクイックに一本化(借り換え)をするのも良いですね。

確かに昔は消費者金融と比べ、デメリットばかりが取り沙汰されていましたが、ここ数年で着々と改善されつつあります。審査に於けるポイントも消費者金融と変わりなく、20歳以上で定期的な収入があり、更に他社からの借入が無いのであれば確実です。しかし融資限度額自体を借入と見なす銀行もありますので、どうしても銀行ローンに拘るのであれば、他社のカードは事前に解約しておきましょう。

尚、事前に口座利用者の審査を済ませ、ATMに案内を表示する銀行もあります。当該の銀行口座を利用しているならば、一度じっくりATMの画面をチェックしてみましょう。案内が表示されていたら、それは既に銀行ローンの審査が終了しているという事です。

【参考ページはこちら】
バンクイックは主婦やブラックでも借りられるってホント?

バンクイックのメリットとデメリットを紹介

バンクイックのメリットとデメリットを紹介します。まずはじめに勘違いされている方も多いと思いますが、バンクイックは消費者金融ではありません。銀行系のカードローンとして人気の高く、やはり金利が信販系や消費者金融よりも有利に借り入れすることが可能です。しかし、バンクイックにもデメリットがあります。それは、銀行系のカードローンは審査が消費者金融系と比較して若干厳しいと言われています。このバンクイックの審査基準は公開されているわけではありませんので。これをしたから審査に通過出来ますよということは言えないわけです。

ただし、ある程度の審査基準はわかります。それは、20歳以上で安定した収入があり、なおかつ信用情報に問題がない方であれば、ほぼバンクイックの審査は通過できます。審査時に過剰に心配することはないと思います。過去に消費者金融などから複数の借入履歴があったり、今現在も消費者金融系での残債が残っている場合には、審査に通過するのは厳しいかもしれません。ましてや、総量規制で年収の3分の1を超えるお金の借入はできなくなりました。銀行系のカードローンはこの総量規制対象外となっていますが、複数の金融会社からの借入が多い場合には審査の通過は難しいでしょう。

このように銀行系のカードローンは金利も低く最大融資額も大きいのですが、審査が少し厳しいのがデメリットといえそうです。しかし、審査に通過できれば、借り手側にとっては有利に借り入れすることが出来ますので、信用情報は問題なのであれば、カードローンの発行しておいて損はないです。今すぐお金が必要ない方でも、万が一の時のために銀行系のカードローンを作っておく方もとても多いです。急に身内の方が大きな病気になった時などは、銀行系のカードローンに加入していると安心です。カードローンは一種の保険として持っていて損はないのです。しかし、借金に変わりはありませんので利用される場合は、返済計画を作成しておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.