バンクイックと他の消費者金融との違いを教えてください

バンクイックと他の消費者金融のカードローンでは、何が違いますか?消費者金融の中でもバンクイックが金利も低いし、コンビニ手数料も無料のようなので、どうしてこの差が出せるんだろうと疑問です。三菱東京UFJ銀行系だから、銀行のバックアップが強味なんでしょうか?

バンクイックは消費者金融のカードローンではありません!

最初に書かねばいけないことがあります。バンクイックは消費者金融のカードローンではありません!三菱東京UFJ銀行が商品化している「銀行のカードローン」です。金利を見ても他の銀行カードローンにひけを取らない最高14.6%(10万円以上50万円以下の金利です)の低さですよね。

また、メガバンクの特徴なのか、利用できるATMは三菱東京UFJのものと、コンビニATMに限定されています。近くに三菱東京UFJがなくても、全国各地、お近くのコンビニで利用手数料無料での利用が可能になっているのは非常にありがたいサービスですね。

銀行のバックアップという言葉があったので補足ですが、銀行本体が扱っているカードローンのバンクイックを陰でバックアップしているのは保証会社のアコムです。アコムといえば大手消費者金融会社として有名ですよね。ご存知かも知れませんが、アコムは三菱東京フィナンシャルグループの一員で、バンクイックの三菱東京UFJ銀行と同じグループ企業なんですよ。

大手消費者金融はほとんどが銀行の子会社やグループ会社になっています。アコムもその中のひとつということになります。これら消費者金融が保証会社になることで、銀行はパートやアルバイト、派遣社員から専業主婦まで、幅広い層への融資をしてくれているとも言えるんです。

【参考ページはこちら】
アコムとバンクイックのカードローンに見られる差はどこ?

バンクイックは消費者金融ではないので総量規制対象外

バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンです。銀行のカードローンという事もあり、消費者金融と比較すると金利が安いと言う利点が有りますし、消費者金融には総量規制が適用されますが、バンクイックは銀行ですので対象外と言う利点も有ります。因みに、総量規制は貸金業者に対する規制であり、年収の3分の1を超える貸付を禁じている規制です。年収が300万円の人の場合は、最高でも100万円までしかお金を借りることが出来ないという事です。尚、総量規制は多重債務になる人を減らす目的で作られた規制であり、年収の3分の1を超える貸付を禁じることで多重債務になるケースが少なくなると言われているのです。

これに対してバンクイックは総量規制による年収の3分の1以内と言う規制が有りませんので、最大500万円までのカードローンを利用する事も可能になります。バンクイックでは、利用限度額が100万円を超える場合は年収を証明する書類の提出が必要になりますが、50万円などの場合は本人確認用の書類の提出のみで申込みが可能になっています。また、安定した収入、継続する収入がある人で、満20歳以上、65歳未満の人が対象になっており、年金受給者も申込みが可能ですし、配偶者に安定した収入が有る専業主婦の人も申し込みが可能になっています。

消費者金融の場合は、専業主婦の人は申込みが出来ません。これは先ほど説明をおこなった総量規制があるからで、専業主婦の人は自らの収入がゼロという事になりますので、年収の3分の1も実質ゼロになる事からも、借りることが出来る金額が定めることが出来ないからなのです。その点、バンクイックでは専業主婦の人でも最大30万円までのカードローンの申込みが可能になっているのです。尚、専業主婦の人が利用する場合は、申し込みの際には会社の住所や会社名などを記載する形になりますので、配偶者の同意を求めることが必要なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.