可能であれば500万の借入をバンクイックで希望しています

バンクイックなら大きな金額からでも借入可能とあったのですが、いきなり500万円のカードローンというのは可能なのでしょうか?

バンクイックは500万のカードローンでも可能です

最初に回答についての案内をしていきますが、500万のカードローンそのものは可能と見て問題ありません。ただ、収入証明でもそうですが個人の実績について証明書を作成できないレベルであれば難しいです。なので、最初にするべきことはバンクイックで最寄りの店舗に訪れるか、もしくはネットや電話を利用してオペレーターと相談をすることとなります。

ただ、すでにバンクイックで500万のカードローンが可能な状態を作ってあるのであれば、基本的に無理ということもありませんし前述した証明書についても不要となります。これについては、バンクイックからで連絡が入るようになっていますので、今までにそのようなメールを受け取っていないかチェックしてみましょう。逆にトラブルなどをバンクイックで出されているのであれば、めったな事では100万円以上を借りるというのはできないようにもなっています。
(⇒バンクイックのカードローンには総量規制が関係ある?

というのも、業者と言うのはトラブルを起こした契約者については記録に残しているからです。会社に対して損失を出させてしまうようなトラブルが合った場合には、被害の度合いにもよりますが数年以上は情報が解除されないと思っておきましょう。情報については、債務整理などの大きな損失でなければ登録されている情報を数年で消すようにもなっていますし、専門的にはこれを解除といいます。長く問題なくで付き合っているようであれば、500万円というのも難しい道でもなかったりするというわけです。

【参考ページはこちら】
年収が500万円だとバンクイックではどのくらい借りられる?

バンクイックで500万の融資限度額を得る人

バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンですが、その審査は銀行系らしく甘くはありません。(こちらもご参考に→バンクイックよりも審査が甘いカードローンってどうなの?)しかしそんなカードローンでも多額の融資限度額を達成する人がいます。最大の融資限度枠は500万円で、この場合の年利は4.6%と結構な低金利です。信販会社ではもっと高い融資限度額を宣伝しているケースがありますが、総量規制の関係で年収の3分の1しか融資できませんから、500万であっても年収1500万円ないとこの融資限度額は実現しません。しかし三菱東京UFJ銀行は貸金業ではないのでこの規制を受けません。

銀行は審査が厳しいと言われていますが、安定した職業の人に対しては融資姿勢は柔軟です。また、それ以上に取引履歴が長かったり、取引量自体が多かったりする人は優遇されるため、更に柔軟な審査がされます。このような人はバンクイックで500万の限度額を得る可能性があります。お得意様に対する対応は別なのです。このことからバンクイックで審査を通すコツが見えてきます。今更自分の職業を大企業の正社員や公務員に変えることはできませんが、取引量を増やして審査で優遇してもらうことは可能です。もし昔作った三菱東京UFJ銀行の預金通帳があればそれを復活させてもいいでしょう。取引履歴は時間の積み重ねですから簡単に手に入れることはできないのです。

これらのことを理解したうえで、取引量を増やす手段はいくつかあります。預金口座を作ることは必須条件ですが、給与振込口座を三菱東京UFJ銀行にすることでかなり優遇されます。銀行が各種手数料を無料にする基準がありますが、給与振込をしていると、コンビニATMの利用手数料が一定回数無料になります。給与振込は銀行にとって歓迎することなのです。また、三菱東京UFJ銀行が発行しているクレジットカードを作ることも一つの方法です。他のクレジットカードを持っていたらそれを解約してカード利用をこのカードに一本化することで、かなりの取引量増加につながるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.