バンクイックの入金は返済時どんな方法

キャッシングベスト3

バンクイックの入金は返済時どんな方法ですればいいですか?

バンクイックの入金は返済時どんな方法ですればいいですか?

自動支払いと三菱東京UFJ銀行ATMもしくは提携コンビニATMから

自動支払いと三菱東京UFJ銀行ATMもしくは提携ATMからできます。自動支払いの場合、「自動支払い依頼書」の提出をします。登録が完了すると毎月指定日に借入残高に応じた返済額が引き落とされます。あとは三菱東京UFJ銀行ATMや提携しているコンビニATMから入金ができます。自動支払いは、引き落としなので返済を忘れていても自動で引き落とされるところが良いですね。

ATMでの返済のメリットは、返済期日までならばご自身の良いタイミングで返済が可能というところです。やはり、返済期日まででお金がある時と、ない時の波があると思います。今月はこの日はお金がないけど来週ならまとまったお金が入るなどあるでしょう。決まった日に引き落とされるのはちょっとつらい、という方はATMからの返済を選ぶと良いでしょう。返済期日よりも遅れて返済をするとあなたの信用に傷がつきますので気を付けましょう。

バンクイックのホームペーに返済シミュレーションがございますのでそちらもご活用ください。三菱東京UFJ銀行ATMや提携しているコンビニATM利用手数料も気になるところですよね。手数料はかかりません。繰り上げ返済もできればしてください。毎日借りているお金には利息がかかっています。少しでも、残りの返済額を減らした方が、トータル的にみてお得です。

バンクイックの毎月の入金は口座振替だけなのか

バンクイックは三菱東京UFJ銀行が提供しているカードローンです。とかく制約が多かったり返済時に面倒だったりする銀行系のカードローンに対し、バンクイックは非常に対応が柔軟です。その最たる例が毎月の入金で、通常の銀行系のカードローンが自行からの口座振替しか受け付けないのに対し、このカードローンではコンビニATMでの入金や三菱東京UFJ銀行のATMからの入金も受け付けています。随時弁済が柔軟にできることも相まって非常に利便性が高いカードローンに仕上がっています。(こちらもご参考にどうぞ→ぶっちゃけバンクイックのカードローンってオススメですか?

もちろんバンクイックも口座振替による返済が可能です。その場合は三菱東京UFJ銀行の口座を開設し、そこからの振替となりますさすがに他行からの振替まではできません。しかし、あえて三菱東京UFJ銀行に口座を開設しなくても利用ができるという点は非常に魅力的なはずです。もっとも、申込の段階で口座振替とそうでない人では融資限度額が変わってくることがあります。銀行に限らず金融機関は、元金の回収可能性を審査上重視しています。そのため、自行に口座を持っていて引落が可能である顧客と、ATMからの入金を待っている必要がある顧客ではどちらが信用できるかは言うまでないはずです。

そのため、できれば申込前に三菱東京UFJ銀行に普通預金を開設した方が有利です。また、銀行は取引履歴や取引量を審査上考慮します。最初の口座開設の際に、三菱東京UFJ銀行が発行しているクレジットカードを同時に申し込んで、両者を一体化したカードにしておくと利用の際にも便利です。なお、この際にキャッシング枠は設定しないでください。肝心なバンクイックの融資限度額が目減りします。一緒に給与振込口座を三菱東京UFJ銀行に変更すればかなり信用が増します。こうして、銀行とある程度の付き合いを始めたうえでバンクイックを申し込むと、融資限度額が優遇されます。入金は必ずしも口座振替の必要はありませんが、その方が何かと有利なのです。
(⇒バンクイックですぐに増額をしたい!という方はこちらへ

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.