バンクイックで50万しか借りれない理由

キャッシングベスト3

バンクイックで50万しか借りれないのはなぜですか?

他社3社からの借入れをひとつにまとめて、さらに今後も利用できるカードローンを探してバンクイックならいけるかも、と申し込みをしました。結果は150万の希望に対して50万までと大幅な減額審査で、結局50万しか借りれませんでした。他社全額をまとめることもできず、中途半端な融資をされた形になってるんですが、なぜバンクイックは50万しか貸してくれなかったと思いますか。

最初は信用がないため、少額契約からスタートすることも多いです

これはバンクイックだけの話ではないですが、最初の融資は少額からスタートするのが一般的です。極端な例ではありますが、街金では最初の限度額を5万円に設定しているところもあるくらい、最初の取引きには慎重になるものです。そこから取引き実績で安心感とも信用とも言われる信頼関係を築き、増額などの深いお付き合いに発展していくわけですね。

また、バンクイックはおまとめローンではないので、審査の際は他社の利用分が今後も続くと考えて審査をします。おまとめローンなら、他社への返済が条件となるので、その金額分を借入れできるわけですが、一般的なカードローンであるバンクイックでは、他社への返済は考慮に入れられないんです。他社3社に自分のところも合わせてどの金額までなら貸せるかという発想で審査をするので、4社目として50万円までならお貸しします、という結果になったと考えるのが妥当でしょう。
(⇒バンクイックのカードローンで借金の一本化をする方法

繰り返しになりますが、一般的なカードローンは借換えやおまとめ専用のローンとは審査の考え方が違います。4社目なのに50万円融資してもらえた、と考えればそれだけで御の字ではないでしょうか?

【参考ページ】
バンクイックの審査に落とされる理由が知りたい方はこちらへ

バンクイックに申し込んで50万しか借りれない理由

バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンですが、銀行のカードローンですから審査は甘くありません。中小の信販会社との取引しか経験のない人は、思いのほか融資限度額が低くてびっくりする人もいるはずです。そのような人の中には多少の工夫をするだけでもっと融資限度額が挙げられるはずの人も少なくありません。もったいない話です。

バンクイックの利率は、50万円以下の融資限度額の人は一番高くなっています。そのため、50万しか借りれない人は利用にあたって非常に不利な契約となります。商品説明書に出ている融資限度額と利率の表を見ればわかる通り、融資限度額と利率は反比例しますから、少しでも融資限度額は高くする必要があるのです。

銀行系のカードローンは審査が厳しいと言われており、アルバイトや派遣の仕事をしている人は融資を受けることすらできないケースもあります。しかし、実際にそのようなことはなく審査落ちするようなケースは稀です。それより融資限度額が少なく、利率が高くなる方が問題なのです。この問題をクリアするためには銀行の審査姿勢を知っておくことが重要です。

銀行は、自行との取引量と取引履歴を重視します。全くの一元客に対しては形式通りの審査しかしませんが、ある程度の取引履歴があったり、取引量があると審査が柔軟になることがあります。これは、大企業等の正社員に限ったことではなく、アルバイトや派遣社員の方も同様です。取引を増やすためには、まず普通預金を申し込むことから始まります。また同時に給与振込口座を三菱東京UFJ銀行に変更したり、キャッシュカードと一体化したクレジットカードを申し込むことも取引量を増やすことになります。

バンクイックは、その返済方法として口座振替だけではなく、ATMからの入金も選択できます。しかし、口座振替を選択した方が信用ができますからそちらを選ぶべきでしょう。給与振込が一か月された時点で再度増額申込をすると融資限度額が50万円を超えていることは間違いありません。
(⇒バンクイックは増額にかかる時間が短いってホント?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.