サラ金のエイワは対面与信が特徴です

キャッシングベスト3

サラ金エイワに関する口コミ情報を教えてください

50代の自営業の男性です。消費者金融での利用歴はかなり長いと思います。また、過去の話しですけど、一度返済の遅延を繰り返してしまって金融ブラックになった経験があります。

もう10年以上も前の事ですけど…ところでサラ金のエイワについて知りたいのです。口コミの情報ではどうなんでしょうか?

サラ金のエイワは対面与信が特徴です!

了解しました。サラ金のエイワについて知りたいのですね。サラ金のエイワは、言ってみれば、街金に近い消費者金融と言ってよいでしょう。

そして、サラ金のエイワは、創業が昭和36年と古く、長い歴史と融資実績を有した正規のサラ金なのです。だから闇金まがいのいかがわしい会社ではないので安心して下さい。

サラ金のエイワの特徴をいくつか挙げるとすれば、初回の借入れ上限額は50万円とした少額融資をモットーにしていること、金利は10万円未満で年19.943%で10万円以上だと17.950%となり元金均等返済を採用している点、そして借手と直接会って申し込みと審査をする対面与信です、

加えて、サラ金のエイワでは金融ブラックでも申し込め審査にも通してくれる場合があります。ただし、金融ブラックが過去の話しとして、すでに解決していることが条件になるようです。

つまり、過去不問と言うことでしょう。それゆえ、事故情報が現在進行中の方は無理と言えます。

むしろ、サラ金のエイワでは現在の借入れの有無と借入額の大小を特に注意するみたいです。そのことから今回の相談者の場合は金融ブラックが過去の話しとなっていますので、サラ金のエイワは大丈夫だと思いますよ。

先に触れた対面与信は、サラ金のエイワのユニークな特徴と言えます。昨今、多くの消費者金融や銀行ではインターネットからの申し込みと、ネット上での審査がスタンダードになりつつあると言ってよいでしょう。

このような趨勢を鑑みると、サラ金のエイワの対面与信は時代に逆行していると言えます。しかし、対面与信にあえてこだわるところにサラ金のエイワの個性と、ある意味での安心感があると言えるのです。

それは「言葉を交わし合うことでしか見えてこない人間性」といったモットーを審査に掲げており、実際に対面していろいろと直接言葉を交わさないとネット上での無機質なやりとりでは絶対に見えてこないものが見えてくると考えられるからです。

そして、そのようにして人間性を知るところに信頼感や安心感が生まれると考えられるのではないでしょうか。他方で、インターネットからの申し込み慣れている方にはサラ金エイワの対面与信は違和感が大きいと思われます。

しかしながら、借りる方としても、実際に融資する会社の人間と会うことで得られる安心感や信頼感、また疑問点などが見えてくると思います。そして、その意味から言えば、サラ金のエイワの対面与信なら互いに納得づくで融資契約を結べると言ってよいのではないですか?

一方、サラ金のエイワに関する口コミ情報を見てみると、やはり対面与信での様々な感想が主となっています。

たとえば、「融資は断られたけど親身に相談にのってくれて感激した」「過去に金融ブラックだったけど融資してくれた」といったような肯定的な感想がある一方で、「上から目線で印象が悪い」や「どこか怖そうな雰囲気の会社だった」といった否定的な感想も実際に目に付き、口コミは賛否両論真っ二つと言ったところなのです。

そうは言っても、サラ金のエイワは正規のサラ金ですから安心して利用できます。

サラ金のエイワ?機械でなく人が迎えて創業30年!

サラ金というのは、サラリーマン金融の略語です。個人が、金融機関で利用する小口の融資のことです。歴史的に見ると、当初は、その利用者のほとんどがサラリーマンだったようです。その後、OLや主婦、自営業者が利用するようになりました。高い金利や厳しい取り立てなどが問題になりました。イメージを一新するために、消費者金融という言葉が使われるようになったようです。法律用語では、貸金業と言うそうです。

エイワという消費者金融の会社があります。営業期間は、テレビのコマーシャルなどで有名な大手の会社とほとんど同じで、30年に及びます。エイワの特色は、何でしょうか。1つ目の特色は、貸付額を低めに設定している点です。利用者が借り入れることの可能な金額ではなく、借り入れることの必要な金額に、主眼に置いているようです。要するに、余分には貸し付けないと言うことです。これは、後日の適切な返済を考えると、利用者にとっても、消費者金融の会社にとっても、賢い選択の1つでしょう。

2つ目の特色は、無人契約ではなく、対面契約を行っているという点です。消費者金融の一般的な手続きは、借入申込、貸付審査、貸付契約、カード発行、借入、返済などの段階でできています。このうち貸付契約を、無人契約機ではなく、会社の担当者が利用者と直接会って行っています。機械が導入される前の従来の手続きを、エイワは行っています。

消費者金融の現状は、どうなっているでしょうか。現代は、インターネットが発達して、パソコン、携帯電話、スマートホンが普及しています。大都市の電車の中では、ほとんどの人が手元の通信機器をのぞき込んでいます。今や、日常風景になっています。コンピューターが優先する時代です。自ずと、消費者金融の世界も、IT産業の影響を受けて、貸付の手続きは機械化されています。手続きが早くて、便利になりました。

そんな時代の対面契約とは、どんな意味を持っているでしょうか。対面契約にも、無人契約にも、おそらく一長一短があるでしょう。ここでは、対面契約の利点を見てみましょう。利用者の側から見ると、会社の営業の一端をつかむことができます。返済に対して自覚を持ちます。会社の側から見ると、利用者の人柄の一端をつかむことができます。貸付に対して自覚を持ちます。資金を貸すのも人間なら、それを借りて返すのも、血の通った人間です。人と会えば、機械では分からない色々な情報が手に入ります。

3つ目の特色は、返済の方式が元利均等方式になっているという点です。具体的には、毎月の返済額が同額だと言うことです。借入額は少なく抑えられていて、毎月の返済額は同じと言うことです。金融に素人の利用者には、疑問点が生じにくい、分かりやすい方式と言えそうです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.