バンクイックの審査は意外と甘いのか

キャッシングベスト3

バンクイックは意外と甘いと聞いたんですが、どうなんでしょう?

バンクイックについてです。審査が意外と甘い、と聞いたのですが、銀行なのに審査が甘いということがあるんでしょうか。かなり疑問です。普通に考えて、大手銀行なので、厳しい審査をパスした人しか借りられないというイメージがあります。消費者金融と同等とか、それより甘いとか言う人がいるんですが、あり得ないですよね?

あなたが思われているよりは、甘いでしょう

バンクイックが甘いと言われるのは、バックに保証会社がついているためもあるのです。バンクイックは、大手銀行ですが、審査の一部は保証会社が行います。

保証会社というのは、銀行から利息の一部をもらって、銀行に返済されるお金をいくらか保証する会社です。銀行がお金を貸したとして、Aさんが滞納した場合、そのAさんが払うはずのお金の一部を、保証会社がAさんの代わりに銀行に支払います。ただ、これでAさんに返済義務がなくなったわけではありません。Aさんの返済義務は、その保証会社に対して発生することになります。

簡単に言ってしまえば、債権を保証会社が買ってくれるのです。ですから、銀行側は、保証会社を利用していないときと比較して、安全に営業ができますし、保証会社も保証料を受け取れるため、万が一、そのうち何件かが不良債権であったとしても、それほどリスクが高くないという状況が存在します。

こうした背景があるために、銀行もそこまで必死に審査で落とさなくて済みますし、保証会社のほうとしても、自社貸付と比較して、審査が甘くなりがちという状況があるのです。

バンクイックは、このシステムを持っているために、消費者金融に近いスピード審査、より通りやすい審査を実施することができますが、当然、必ず借りられるということはなく、何割かの方々は、審査に落ちているという状況もあります。特に、50万円を超えるあたりから、審査は厳しくなっていきます。あなたが思われているよりは甘いですが、やはりお金を貸す審査は、誰でも簡単に通すというわけにもいかないものです。
(⇒他の消費者金融の審査に落ちてもバンクイックの審査には通れる?

バンクイックの審査が甘い理由と注意する部分

金融業者が提供している個人向けカードローンには、担保が必要な商品と不要なものとがあります。担保とは最悪の事態になった場合の備えとして確保しておくもので、人的担保と物的担保とがあります。人的担保とは保証人の事であり、借り手が返済不能となった場合に肩代わりする事を義務付けられます。物的担保には自動車や不動産等の種類があり、これらを担保にしての金融商品が用意されています。担保を要する商品は最悪の場合に備えての保障を業者側が確保しているので、借り手に有利な条件設定を期待する事が出来ます。

一方の無担保の商品は、最悪の事態になった時の保障がないという事です。このために、業者側は大きな金額を提供する事は出来なくなり、少額の融資が中心となります。借り手が返済不能になった場合に、受けるダメージを少なくしなければならないからです。少額融資が中心という事は、短期的な利用に向いているという事です。急ぎのお金に対応するためには、審査時間も短くする必要があります。
(⇒バンクイックの審査の流れを知りたい方はこちらへ

審査時間が短いという事は借り手について詳細な内容まで調査する余裕がないという事でもあり、元本を早く回収するために金利は高く設定されます。少額融資で金利が高いという事は、借り手にとってはかなり不利な条件となってしまいます。そこで多くの人が利用できるように、甘い審査が実施されるという事になります。条件設定は不利であっても、短期間の利用であればそれほどのダメージをける事はありません。これが、無担保カードローンを利用する人が多い理由です。

三菱東京UFJ銀行が提供しているバンクイックは人的担保も物的担保も不要で、運転免許証等の身分証明書1点だけで審査に申し込む事が出来ます。即日融資が期待できるスピード審査が行われており、急いでお金が必要な場合に対応出来る内容です。人的担保や物的担保を必要とする商品と比べると金利は高く設定されていますが、その分審査は通りやすくなっています。

【参考ページはこちら】
即日でバンクイックカードローンを利用することはできる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.