バンクイックの手続きについて、分かりやすく教えて

新生活を期に、キャッシュカードを契約したいと考えています。銀行ローンの方が何かと安心なので、バンクイックを申し込むことに決めたのですが、カードの発行までには一体どれだけの手順を踏まなければいけないのでしょうか?

手続きは、大きく分けて4つの段階に分かれています

お申し込みからカード発行までの工程は、大きく分けて4つあります。まず、お申し込みです。これは契約者様がインターネットや窓口で行う、最初の作業となります。自身の個人情報や勤務先、インターネットからのお申し込みの場合は、その後の工程を郵送で行うか、三菱東京UFJ銀行の支店に設置されたテレビ窓口で行うか…等。何回も見直し、誤字脱字や記入漏れが無いよう細心の注意を払いましょう。

次に審査です。契約者様の個人情報を参照し、融資をするに足る人物かどうかを、審査担当の者が見極めます。この段階で、勤務先に在籍確認のお電話がいくことになりますが、最近は個人情報保護法の影響で、オペレーターが身元を明らかにすることはありません。ご安心下さい。無事審査を通れば、契約、ならびにカードの発行となります。銀行と書面を交わし、契約を結ぶことで、とうとう融資を受ける権利を取得したことになるのです。
(⇒バンクイックのコールセンターの対応はきちんとしてる?

このように、決して複雑で面倒臭いものでは御座いません。しかもテレビ窓口なら、最初のお申し込みからカードの発行まで、全ての工程を最短40分で完了させることができてしまうのです。また、三菱東京UFJ銀行の口座をご利用の際、ATMの画面にバンクイックのご案内が表示されたら、それは既に銀行が審査を行った証明です。一切の手続き無しに、ATMを操作するだけで、融資を受けられます。

バンクイックの手続きについて知っておきたいこと

バンクイックは三菱UFJ銀行のカードローンです。急な出費などでお困りの方で、キャッシングやローンをお考えの方には非常にお勧めです。キャッシングやローンと言えば、まず思い浮かぶのが、クレジットカード会社や消費者金融会社との契約によるキャッシングやローンが思い浮かびます。なぜバンクイックをお勧めするかと言いますと、一般的にクレジットカード会社や消費者金融会社の借入金利は年率で4.6%から18.0%です。まず少額の利用の時は18.0%だと思って良いと思いますが、バンクイックは三菱UFJ銀行という銀行のカードローンなので、金利も年率で4.6%から14.6%です。借入額によって変化しますが、一般の、クレジットカード会社や消費者金融会社と4%近くの差がありますので、年単位にするとかなりの差になります。

バンクイックの手続きの方法をご紹介します。まず方法として店舗とインターネットの申し込みが可能です。店舗の場合、個人のプロフィール、お勤め先、月収、年収などを申込み用紙に記入後、審査が行われ、カード発行、カードローン可能という流れになります。この場合、審査などスムーズにいけば、カード発行までその日に行われますので、即日融資が可能となります。インターネットの場合、サイト上で、個人のプロフィール、お勤め先、月収、年収などを入力、審査後、カード発行、カードローン可能という流れです。この場合、審査のやり取りや連絡のやり取りがメール、お電話、郵送などで行いますのでカード発行までかなり期間がかかる場合もございます。

また、両方の場合、必ず、勤務先への在籍確認があります。これは銀行の担当者が、依頼主がお勤め先へ在籍しているかを電話で確認します。これは、銀行の名前を出さず、個人名で依頼主を呼び出してもらうという方法で行います。以上が大まかな手続きの内容です。クレジットカード会社や消費者金融会社との契約をお考えの方は是非、バンクイックの三菱UFJ銀行にご相談下さい。

【参考ページはこちら】
もしバンクイックの審査に落ちたらもう一度申込んでもいい?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.