バンクイックとモビットの違いを簡単に教えてよ!

モビットとバンクイックって、実際にはどう違うの?電車の広告やテレビCMなどをみていても、いまいち違いがよくわからないんですけど…詳しく教えていただけませんでしょうか?

モビットは消費者金融系、バンクイックは銀行系カードローンです

モビットとバンクイックの違いを知りたいのですね。これらは同じカードローンですが、まったくサービス内容が違います。お金を借りて、利息をつけて返す、という大まかなカードローンとしての基本機能は変わりません。その上でどのような違いがあるのか、具体的に説明していきますね。

まず、モビットは銀行系消費者金融という位置づけになります。三井住友銀行グループ(SMBCコンシューマーファイナンスグループ)の子会社となるモビットですが、これは消費者金融なのです。消費者金融ということは、総量規制の対象になってしまうため、モビットでは「年収の三分の一を超える借入はできない」ことになります。その反面、審査の基準がやや甘めに設定されており、比較的楽に利用が可能になることが特徴です。

それに対してバンクイックは、三菱東京UFJ銀行のカードローンのサービスの名称にあたるため、これは銀行系のカードローンという位置づけになります。上述した総量規制では、この銀行系カードローンは規制の対象外としているために、年収の額にかかわらず借入が可能となっています。銀行系というだけあって、借入利率が低く設定されていることが大きなメリットとなっています。ここまでがモビットとバンクイックの大きな違いになります。

その他、細かいサービス内容も違ってきます。借入額が同額である場合の月々の返済額は、バンクイックの方がやや安くなります。モビットは「借入後残高スライド元利定額方式」を採用しており、最後に借り入れをした時点での借入残高によって、月々の最低返済額(約定返済額)が決定されます。バンクイックでは、毎回の返済ごとに最低返済額が変わり、限度額200万円以下の場合、借入残高10万円に対して2000円ずつの返済というふうに定められています。

申し込みの方法や、各種手続きにおいても、サービス内容が違います。これらのサービスによる違いの他にも、近くに利用できるATMがあるかなども検討項目になるかもしれませんね。また、バンクイックでは、ATMの利用手数料がいつでもどこでも無料という非常に大きなメリットがあります。

【参考ページはこちら】
バンクイックの審査は厳しいって聞いたけどホント?

バンクイックとモビットの違いを知っておこう

カードローンを利用する場合は、まずは申し込み手続きを行う必要がありますが、安心して利用するためには、業者選びもとても大事となってきます。金融業者も多く存在しますが、はじめて利用する場合はやはり大手の信頼性の高い業者を選んでおくと良いでしょう。大手の業者ではバンクイックやモビットは特に有名な存在で、こうした業者なら安心して利用できると言えます。そしてどちらも融資限度額は500万円までとなっており、どちらも最短即日から利用することができますので、同じようなサービスを提供しているイメージがあります。でも似てはいても、やはりそのサービス内容には違いがありますので、それぞれの特徴はよく理解しておきましょう。

まず、モビットは三井住友銀行グループが提供しているサービスなので、銀行のカードローンのようなイメージがありますが、モビットは消費者金融の部類に入ります。それゆえに総量規制の対象となっており、借入は年収の3分の1までとなっています。そして、バンクイックは三菱東京UFJ銀行が提供しているサービスで、こちらは銀行のカードローンとなっており、総量規制の対象外です。そして、金利についても銀行カードローンであるバンクイックのほうがより安く提供されています。

申し込み方法も様々用意されていますが、モビットの場合はWEB完結申込ができるのが便利なところです。三井住友銀行、または三菱東京UFJ銀行の口座を持たれている方が利用できるサービスで、申し込みから利用までインターネットからの手続きで行うことができ、電話や郵送の手間がありません。

バンクイックもインターネットからの申し込みに対応しており、最短で30分で審査回答を得ることができます。特に急いでいる場合はテレビ窓口を利用すれば最短40分でカードを受け取ることができます。100万円までなら収入証明書も必要なく、運転免許証などの身分を証明できる書類があれば手続き可能です。それぞれの違いをよく理解し、最適なサービスを選んでいきましょう。
(⇒バンクイックの悪い噂を耳にしたけど本当なの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.