バンクイックの審査基準は、他社とどう違いますか

最近になって融資を受けようと考えているのですが、長年三菱東京UFJ銀行の口座を利用してきたのもあってか、バンクイックが目に留まりました。しかし、よく「銀行ローンは審査が厳しい」と聞きます。バンクイックは他社の銀行ローンとどう違いますか?あまり厳しいようであれば、別の所も検討しなければいけません。

バンクイックの審査は、一般的な銀行ローンのそれと同様です

ローンサービスを提供している会社には、二通り御座います。一つは消費者金融。アイフルやプロミスなど、融資を主な生業としている会社ですね。もう一つは銀行。消費者金融と違い総量規制(年収の1/3以上の融資を禁ずる法律)の対象外である反面、審査が厳しく、三菱東京UFJ銀行のバンクイックもこれに該当します。

銀行ローンの審査は確かに消費者金融よりも厳しいのですが、審査基準が底上げされただけで、基本的な注意点は変わりありません。20歳以上か。他社からの借入残高はどの程度か。同時期に複数の申し込みをしていないか。信用情報機関の事故情報(ブラックリスト)は記載されていないか…等。

バンクイックの審査も、銀行ローンの定義から大きく外れたものではありません。当該の口座を利用してきたのでしたら、寧ろ審査の上では有利に働くことでしょう。しかし、銀行ローンの審査には消費者金融と比べ、特殊な点が1つだけあります。それは、「他社との契約状況と、融資限度額」です。(こちらもご参考にどうぞ→他の消費者金融の審査に落ちてもバンクイックなら借りられる?

例えば消費者金融ならば、単純に他社からの借入残高(幾ら借りているか)を審査の判断材料にしますが、銀行の中には「契約しているカード全ての融資限度額=借入残高」と見なす所もあるのです。どうしても銀行からの融資に拘るのであれば、万全を期して、他のカードを解約しておくのが得策でしょう。

ですが、それ以外に大きな違いというものはありません。現在、他に契約しているカードが2~3枚程度あったとしも、借入残高と年収が極端なバランスになっていなければ、審査は問題無いでしょう。是非、万全の体勢で審査に臨んで下さい。

バンクイックの審査において通るための審査基準

バンクイックの審査においては、融資金額が返済できるか可能であるかの返済能力を問われることになります。そのため審査基準は年収や勤続年数が重要になるのです。事前にどのくらいの金額を借りたいかを確認し、自分の収入や勤続年数がどれほどあるかを確認しておくことが大切になります。バンクイックの審査基準では、収入と勤続年数が大切であり、それで融資限度額や審査が通るかどうかが決まります。収入では一定の収入があることが大切になります。5万円未満の利用であれば、それほど収入が多くなくても借りられることが出来ます。そのためアルバイトやパートの主婦の場合でも審査に通ることがあるのです。

勤続年数が重視される理由は、どれほど安定した収入が得ることが出来るかということです。支払いは一回だけで終わることが無く、長期期間にわたり返済を行う場合があります。そのため長期の返済計画を立てる場合には、どれほど長くの安定した収入があるかを確認しなければなりません。そのときに勤続年数が役に立つのです。勤続年数が長ければ長いほど、その年数分は安定した収入を得られてきたわけであるので、この先も長い期間安定した収入を得ることが出来るという信頼につながります。そのため勤続年数は返済する力があるかどうかの指標となるのです。これにより融資限度額も変わってくるために、勤続年数が長いほど融資限度額が高くなる傾向があります。

審査基準ではこのように、一度に支払いを行える能力と、支払い続ける能力が重視されることになります。一度に返済する金額が多い能力には収入の高さが、支払い続ける能力では勤続年数が重要になるのです。そのため収入が低い場合や、職場を転々とし勤続年数が場合には、支払う能力と支払い続ける能力が少ないために、たとえ審査が通ったとしても、融資限度額が低いものとなってしまうのです。融資限度額を上げたいのならば、収入と勤続年数を増やす必要があるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.