バンクイックの金利が安いのはなぜなのでしょうか?

バンクイックってどうして金利があんなに低いのでしょうか?カードローンを利用しようと思っていろいろと調べてみたのですが、すごく低いように感じました。一体この違いってどうなっているのですか?

バンクイックは保証会社を立てることで金利を低くできています

バンクイックの金利が低いことはなぜか、そのカラクリについて、簡単にご説明しましょう。バンクイックは銀行系カードローンです。同じカードローンでも、銀行系、消費者金融系に分かれています。金利が相対的に低いのが銀行系、高いのが消費者金融系である場合がほとんどです。

銀行系カードローンの申し込みをするとわかると思うのですが、契約に必ず保証会社との関連についての内容が含まれています。保証会社の審査基準を満たしていること、延滞などの金融事故が起きた場合は、保証会社による代位弁済が行われ、債権を譲渡するといった内容です。これを簡単に言ってしまうと、「貸したお金を返してくれなかったら、保証会社に代わりに払ってもらうから、あなたは保証会社にお金を返してね」ということですね。

つまり銀行側は、返済してもらえなくても保証会社からお金を払ってもらえるので、ほぼノーリスクで貸し付けが出来ることになります。したがって審査の段階においては、保証会社による審査に通らなければならないということになります。延滞金の取立てなどの手間は保証会社側がもつため、余計な経費もかからないので、金利を下げられるのです。

このような仕組みになっているため、契約する際は注意しなければなりません。金利が低いからといって安心していると、大変なことになります。延滞して代位弁済の処理がなされてしまうと、債務者は保証会社から直接借り入れをしているのと同じことになります。そして、この保証会社は大手消費者金融である場合が多いのです。その保証会社側の言い分を飲まなければならない状況になってしまうため、一気に状況が厳しくなります。バンクイックを利用する場合も、延滞、未納には充分注意し、きちんと返済することを心がけましょう。

バンクイックの金利がなぜ安いのか不安です

銀行系のバンクイックは、信販会社のカードローンに比べて金利が安いのが魅力です。しかしそのネーミングから銀行系だとわからない人からは、金利が低いけど罠が仕掛けられているのではないかという不安の声があります。なぜ低いかと言えば、銀行系だから調達コストが安いというのが答です。

三菱東京UFJ銀行のカードローンであるバンクイックは、銀行が直接取り扱っているため、その資金はメガバンクの一角を占める三菱東京UFJ銀行が調達しています。他の信販会社が他の銀行から資金を借りてカードローンの貸付資金としていることに比べればコストが安いことは明白でしょう。小売店と卸売店が同じ土俵で勝負しているのですから、結果は明らかです。

このような話をすると、なぜ中小の信販会社が商売できているのかと不思議に思う人も少なくありません。やっぱりバンクイックは裏があるのでと思ってしまうのです。しかし、中小の信販会社はバンクイックのような銀行系の信販会社に比べて審査が甘めです。甘めというと語弊がありますが、言い方を変えれば職業によって審査基準を変えないという事です。バンクイックを含めた銀行系のカードローンは顧客を選びます。

とはいえ、中小の信販会社の経営が苦しいことは間違いなく、最近では一般的にブラックと呼ばれる金融事故を起こした人を対象にして利息を高めにしたハイリスクミドルリターンの融資を余儀なくされています。優良顧客は条件のいい銀行系カードローンに流れて行ってしまうのです。

しかし、銀行の審査で不利と言われるアルバイトや派遣の方も、銀行との取引を多くして銀行側の信用を得られれば「選ばれる顧客」になることは可能です。大企業の正社員並みの信用は得られませんが、三菱東京UFJ銀行を給与振込をして、クレジットカードの引落銀行などに利用することで、銀行からの信用を得ることができます。そうすることで、金利が安いカードローンを利用することができるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 バンクイックの評判!合わせて借りるならコレだ!※最新版 All Rights Reserved.